スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Windows8.1の標準機能でディスクのイメージバックアップを取る

Introduction


前回VAIO TyoePにWindows8.1をクリーンインストールしましたが、クリーンインストールの弊害と言うべきかVaio謹製のバックアップソフトウェアが使えません。

そこで、Windows8の機能に似たようなものがないかと探していると、見つけました。Windows8.1にデフォルトで搭載されているイメージバックアップ機能を紹介します。

機能の詳細と場所


イメージバックアップは、HDDの内容をそっくりそのままバックアップをとるもので、書き戻しはWindows8のインストールDVDで行います。
肝心のイメージバックアップ機能の階層ですが、以下の場所にあります。

Windows8.1
コントロールパネル→ファイルの履歴→システムイメージバックアップ

Windows8
コントロールパネル→Windows7のファイルの回復→システムイメージの作成

使用方法



システムイメージバックアップをクリックすると、イメージのバックアップ先を聞かれるので、任意の場所を選択します。

Windows8.1によるバックアップイメージの書き戻しは、Windows8.1インストールDVDを起動させた際に出る「コンピュータを修復する」ボタンから開始します。
オプション選択画面より「トラブルシューティング」を選択し、「詳細オプション」→「イメージでシステムを回復」→「Windows8.1」の順にクリックします。すると、「コンピュータイメージ再適用ウィザード」が起動するので、ウィザードにしたがってバックアップしたイメージを書き戻します。

Conclusion


なまじVaioC1のセットアップとイメージバックアップの煩雑さを知っているだけにOS標準機能でイメージバックアップができてしまうことに驚きを感じました。
改悪だなんだと言われていますが、他方でWindowsはしっかりと進化していることが感じられる作業となりました。

プロフィール

Akito

Author:Akito
佐藤信夫はこの世の果て

FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。