スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


iPhone5について、思うところを

まさか私がiphone5や新型nanoについて言及することになろうとは

画像は2012年9月13日現在ネットに接続している人間なら別のページで見ているはずだから省略

さて、私が物申したいのは主にnanoであるが、サクっと終わりそうなiPhone5から物申す

世間ではiPhone5について「ダサい」「なんか変」と言った意見が少なからずあるようだ。

その原因は肥大化した液晶サイズと本体底面の蓮コラよろしいスピーカー穴のせいと考えられるが、

それに加えてデジャビュのような感覚に襲われている人もいるはずだ。

わざわざジョブズが隠した”醜い”スピーカー穴を目立つところに持って行き、

液晶の大きさを強調するための本体背面上下のレイヤー

これはまさにSONY的デザインの象徴であり、

Appleの「性能そこそこデザイン重視」の考え方から逸脱しているように思える。

次に新型nanoであるが、それ単体を見せつけられただけでは「生理的嫌悪すらあるダサい物体」で終わるが、

過去の製品からの変異を見ると「1つ前のnanoとiPhoneの合体事故」であることがよく分かる。

次に、新型nanoに搭載されたBluetoothであるが、これは1つ前のnanoにアタッチメントをつけて

腕時計として使っていたユーザーからの希望だったのではと考えられる。

せっかく腕につけてもそこからイヤホンコードが伸びていてはまるで西城秀樹かダンス☆マン

もし無線化すればまさにウェアラブル、こんな魅力的なことはない

そこで今回は新型nanoにBlurtooth搭載! の筈が出てきたnanoは"醜く肥大化した物体"であった。

ジョブズ亡き後周りの重圧に耐えながらクックCEOが頑張っていることは知っている。

だが"奇抜""革新"を狙うあまりApple的プロダクトデザインをおろそかにしてはいないだろうか。

プロフィール

Akito

Author:Akito
佐藤信夫はこの世の果て

FC2カウンター
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。